公認会計士になるためには

世の中には様々な資格が存在していますが、公認会計士は資格を取得することができないとなることができない職業です。では具体的に公認会計士になるためにはどんなことをしなければならないのか、ここでは流れについて説明をします。

まず公認会計士の試験の合格率についてですが、その年によって異なるものの平均は10%ほどと言われています。国家試験の中でも難易度が高いと言われており、基本的には専門的知識を身につけることができないと公認会計士として働くことはできません。

また、試験の開催頻度は年に1回程度です。そのため、万が一不合格になってしまった場合には次の年に再び受けることとなります。不合格でも何度も再チャレンジをすることができますが、1年に1回の試験なのでなるべく早めに合格をしたいと思っている人が多いものです。

なるべく早く試験に合格するためには勉強をすることが重要になりますが、勉強と言っても独学では限度がきます。できる限り専門的知識を持つ人の講習を受けた方がいいので、余裕がある方は専門学校に通うのがおすすめです。社会人からでは遅いのかと思っている人もいますが、近年では社会人講座なども存在しているので、学生でも社会人でも勉強しやすい環境となっています。合格率を上げるために近年では通っている人が多いと言われています。

Pocket

講座を受けて公認会計士になろう

世の中には公認会計士を目指している方はたくさんいます。講座を受けて試験に合格することができれば公認会計士として働くことが可能になりますが、具体的に公認会計士になるとどのようなメリットが得られるのでしょうか。ここでは公認会計士にはどんなメリットがあるのかについて説明します。

まず1つ目は収入面においてメリットがあります。公認会計士は資格を取得しないとなることができない職業なので、通常の一般職に比べると年収は高めに設定されていることがほとんどです。1年目からでも高収入を目指すことができる職業になるので魅力的です。2つ目は業務範囲の広さです。公認会計士は法定監査などが専門的になりますが、会計や監査の経験は様々な業務にも活用することができ、自分の活躍できるフィールドをどんどん広げていくことができます。

3つ目は男女平等だというメリットがあります。職種によっては男女で平等にできないものもありますが、公認会計士の場合は男性だから有利、女性だから有利ということはありません。男女平等でどちらも働きやすい環境になっているのがポイントです。4つ目は税理士の資格も取得することができるというメリットがあります。公認会計士の試験に合格すると自動的に税理士の資格も取得することが可能です。1回の試験で二つの資格が取得できるというのは助かるものです。

このように、メリットがたくさんあるので、近年では学生以外に社会人も講座を受けて資格取得を目指している人が多くなっています。

Pocket